リゾート気分を味わえる夏の伊豆旅行

伊豆への旅行は年間通じて四季折々の楽しみがありますが、一番のシーズンと言えるのが夏です。観光的な伊豆の魅力というと、自然を楽しむことと温泉、またレジャー施設などがありますが、伊豆半島は海岸線に囲まれてて、特に首都圏から近い距離にあるとあって、海のレジャーを楽しむにはぴったりの場所です。

これが湘南地域ぐらいまではまだ首都圏の雰囲気が感じられますが、伊豆まで足を延ばすと一気にリゾート気分が感じられることがその理由ではないでしょうか。
浜辺を歩く親子
そのため、夏にはたくさんの人が押し寄せることもあって、夏に伊豆まで行く時には特にまず気を付けておくべきことはその混雑面です。

伊豆へのアクセスは電車か車が一般的ですが、そのどちらも夏の観光シーズンにはすぐに容量オーバーとなってしまいます。
特にその海岸線は主要な道路は国道しかないために、神奈川県側から東伊豆にかけての渋滞が慢性化しています。

また、電車も熱海から先は単線となっていて、本数も決して多いとは言えなために混雑します。ただ、電車であればいくら混んでいるとは言え定時制は保たれるので、多少我慢すれば良い問題かもしれません。

問題は東伊豆方面に車で行く時です。ただ、その特性をある程度知っておけば回避できます。まず、お盆の時期は避けることです。

この時期には帰省も重なるために旅行のためでしたら避けた方が良いでしょう。次に、海岸線沿いの道は避けるということです。

首都圏方面からだと、伊豆の中央から入った方が渋滞に遭う確率はかなり減ります。料金を気にしなれば、伊豆スカイラインなどの有料道路を使う方がストレスなく目的地まで行くことができます。

最後に、場所の問題です。東伊豆は首都圏から近いために、多くの人が訪れます。また、それだけ観光地としての要素が高いのですが、人混みでせっかく遠くまで来たのにという気分にもなりかねません。

一方、西伊豆は電車もなく、道路事情もあまり良い条件ではないために混み合うことはありません。その分、海を楽しむ分にはかえって良い条件とも言えます。

夏の伊豆旅行を計画している場合には、これらに気を付けて計画してみてはいかがでしょうか。